バニラエアで節約旅

学生や主婦の方でも旅行を気軽に行けるようにしたのがバニラエアです。

メインイメージ

鉄道よりも飛行機がお得

飛行機での空の旅や、ビジネスにおける移動の予定があるなら、出来るだけ航空券の料金は安く済ませたいと思うものです。

飛行機の運賃はJRなどの鉄道関係に比べるとかなり高額なイメージがありますが、近年では安全面と利便性が評価されるようになり、その運賃も安く利用できる期間が増えてきていると言われています。
特に国内線に限定して言えば、各種格安航空会社の参入により、従来の大手航空会社よりもかなり安く利用することができるようになったと言う人もいます。
国内線で繰り広げられる価格競争や、運行路線については、乗用車で言うところの大型車とコンパクトカーや軽自動車などの違いと似通っているところがあるかもしれません。
格安航空会社では、限られた運行路線、または短いフライト時間で行き来できる区間など、格安運賃を実現するためにさまざまな工夫を行っています。
その分、機体や機内でのサービスも縮小傾向にあり、座席シートについても、大手航空会社に比べるとコンパクトなことが多いようです。

片道航空券の購入が可能


航空券の販売についても、大手航空会社では往復での購入が基本であるところを、片道航空券でも購入する事が可能であるなど、小回りに似た航空券の買い方ができるよう多数用意されているそうです。
こうした細かい配慮があるとないとでは、フライト時間が短い国内線の利用については、利用者としても選んで利用するようになると思います。
国内線ならではの手軽な感覚や、航空運賃の安さについては、今後ますます競争が激しくなっていくことが予想できます。

早期予約割引の適用化

大手航空会社での国内線での格安航空券は、目的地までの間に乗り継ぎが発生する場合に比較的安く航空運賃が設定されることが多いようです。
シーズンや期間限定などに関わらず、国内線でありながら直行便ではなく、乗り継ぎの手間を考慮し、通常航空運賃よりも安くなっているという印象を受けます。
その料金の違いは最大で数万円にもなることがあり、乗り継ぎの手間を惜しまずに格安で目的地まで行くかどうかは利用者の選び方次第と言えるでしょう。
早期予約割引が適用になったり、乗り継ぎによる割引があることにより、大手航空会社でも格安航空会社と肩を並べるほどに安く国内線も充実していますが、サービス内容や機内での過ごし方を考えると、一長一短という印象を受けると思います。
実際にさまざまなスタイルの国内線を利用して、自分が利用しやすい航空会社を利用することが何よりオススメです。

どうしてバニラエアがオススメなの?

比較的新しく参入したばかりのバニラエアは、ローコストキャリアの航空会社の中でも面白い割引制度があります。ベスト格安航空券 格安チケット予約でも特集されていましたが航空券は高いという固定概念を覆してくれるサービスや企画が満載です。
バニラエアでは4名以上の航空券の予約に関して、10パーセントの割引が適用になる「みんなで割」を発売しています。
一見、他の航空会社でもありそうな気がしますが、株主優待券以外では団体割引などの他には、こうした割引制度はほぼなかったような気がします。
個人で4名以上の予約なら、家族での航空券の予約はもちろん、グループで利用する際にも4名以上であれば適用になり、大変お得に利用する事が出来ます。
もうひとつバニラエアで便利な点と言えば、予約購入の時間が搭乗の直前まで出来る点です。
国内線も、国際線も、予約購入や変更がほぼ直前の時間まで利用する事が出来、国内線は出発予定時刻の40分前まで、国際線は60分前までとなっているため、さまざまなシーンで活用することが出来ます。
こうした臨機応変な対応は、プライベートにおいてもビジネスシーンにおいても大変便利に利用できるメリットと言えるでしょう。
ローコストキャリアの航空会社の中でも運賃の安さには定評がありるのがバニラエアです。
こまめに運賃のチェックをすることで格安旅行を楽しむ事が可能になるでしょう。

バニラエア運賃type

・コミコミバニラ
・シンプルバニラ
・わくわくバニラ

人気の機内スイーツ

・ミルク玉 (¥350)
・空の朝食!フレンチトーストセット
・バニラエア特製とろ〜りクリームパン
・サッポロ一番 カップスター しょうゆ
・マーケットオー リアルブラウニー バニラケーキ
・スナイダーズ ハニーマスタードオニオン
・ベジップス さつまいもとかぼちゃ
・じゃがビー うす塩味

人気のフライトごはん

・南の島チキンココナッツカレー
・空と海と大地のトリオサンド
・海の恵 パエリア風ごはん
・お肉好きのメンチカツサンド